Appleがスマートディスプレイを開発している事を示唆するコードが「tvOS」のベータ版から見つかる

本日、Appleがディスプレイやカメラを搭載した新型スマートスピーカーの開発を進めているようだとお伝えしましたが、MacRumorsによると、「tvOS 14.5」のベータ版からそのことを示す証拠が見つかったことが分かりました。

「tvOS 14.5」のベータ版には、FaceTimesとiMessageのフレームワークが追加されている他、画像撮影に関する新しい「AVFCapture」というフレームワークが追加されていることが分かっており、現在、「HomePod」シリーズは「tvOS」がベースとなっていることから、将来的にFaceTimesなどが利用可能なスマートディスプレイを開発していることが予想出来ます。

「HomePod」シリーズでは既にFaceTime オーディオは利用可能ですが、今回見つかったFaceTimeのフレームワークは既存のFaceTime オーディオ機能に関連するコードとは異なっており、このフレームワークはあくまで「tvOS 14.5」と「HomePod software 14.5」のベータ版にしか搭載されていないようです。

なお、Appleのスマートディスプレイの発売時期はまだまだ先になる見込みで、開発のみで発売されない可能性もあります。

Apple、スマートディスプレイを開発中か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。