LINE、中国へのシステム管理委託で中国人技術者が個人情報にアクセス可能だったことが明らかに

NHKによると、LINEが、中国の開発会社にシステム管理を委託し、中国人の技術者が日本の利用者の個人情報にアクセスできる状態になっていたことが分かりました。

個人情報保護法では外国への個人情報の移転が必要な場合には利用者の同意を得るよう定められていますが、LINEは個人情報に関する指針で利用者に外国に情報を移転することを十分に説明しておらず、政府の個人情報保護委員会に報告したとのこと。

なお、親会社のZホールディングスは、この件について社内に委員会を設けて調査し、改善を図ることを明らかにしているそうです。

現時点での報道では実際に個人情報がどうなったのかや、その後の対策などは明らかになっていません。

8 COMMENTS

匿名

テロ対策の不備が指摘された原発と同じレベルで危険だと思いますが、
日本のマスゴミは今日も「報道しない自由」を発動中

返信する
匿名

続報見る限り過去にクレカ情報漏らした他のサービスと比べれば大騒ぎするレベルではないわな
そもそもLINE使ってない奴にはどうでもいい話だしな

返信する
匿名

報道はされるべきでしょうが今話題のNTTやみずほと比べるのなら小物案件でしょうね。

返信する
匿名

みずほはいいとしてもNTTは故意だから次元が違うぞ
ドコモ子会社化に繋がる前にもみ消さなきゃ戦後最大のスキャンダルになりかねない

返信する
匿名

LINEは無断で使用者の連絡先のリストを吸い上げるのでしょう?
ならば自分がLINEを使ってなくても、知人が使っていれば自分のデータも吸い上げられる。
なんのために?彼らは決して言いませんが、日本人のネットワークを大規模に把握することができますよね?
いくら言い訳をしても日本に敵対し、常識や国際法を守るつもりのない国のアプリです。そのようなデータを手に入れて自国の利益のために利用しないわけがない。
誰かの知人を6〜7人辿れば、必ず目的の人物へたどり着くことができると聞いたことがあります。
あなたには関係ないと思っていても、あなたの知人から辿っていけば、あっという間に思いも寄らない人物から重要な人物へ繋がり、重要な機密情報などを手に入れる手がかりにできると思います。
LINEは禁止すべきです。彼らは善意で日本にサービスを提供しているとは思えません。いくら言い繕っても何度もボロが出ています。LINE使用者は悪意を持った隣国への危機感が足りないと思います。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。