Apple、「iOS 14.5」以降はOSとセキュリティのアップデートを別々で配信か

本日、開発者向けに「iOS 14.5 beta 4」がリリースされましたが、9To5Macによると、「iOS 14.5 beta 4」ではiOSのアップデートとセキュリティアップデートを個別に配信することを検討していることが分かりました。

「iOS 14.5 beta 4」では「設定>一般>ソフトウェア・アップデート>自動アップデート」に「新しいアップデートをダウンロード」と「セキュリティアップデートをインストール」のオプションが新たに用意されており、今後、iOSのアップデートとセキュリティアップデートを別々に配信することを検討していることが分かります。

現在、iOSのアップデートは、セキュリティ面の改善のみの場合でもiOSのバージョンをアップするアップデートが配信されていますが、今後はOSのアップデートとは別にセキュリティのみのアップデートが別途配信されるようになる模様。

また他にも、旧バージョンのiOSを利用しているユーザーに対し、ユーザーが最新のiOSへのアップデートを行わずにセキュリティアップデートのみ受け取る事が出来るようになることを示唆するコードも見つかっているます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。