「iPhone 12」のアルミ製フレームが変色した事例が報告される

Svetappleによると、「iPhone 12」のアルミ製フレームが変色するといった不具合が発生していることが分かりました。

昨年11月に購入した「iPhone 12」のPRODUCT(RED)モデルのアルミ製フレームの一部が色褪せたように変色したそうで、この変色してしまった「iPhone 12」は購入初日からクリアケースに入れて使用していた模様。

また、写真を見ても分かる通り、変色は全体ではなく、リアカメラに近い一部分でのみ発生しています。

この問題は「iPhone 12」に限ったものではなく、過去に「iPhone 11」や「iPhone SE (第2世代)」などのアルミ製フレームを採用したモデルでも報告されており、カラーもPRODUCT(RED)だけでなく、グリーンやブラックでも発生した例があるとのこと。

原因としては紫外線の影響が挙げられていますが、この「iPhone 12」の所有者はコロナ渦でロックダウンされていたこともあり、購入してからは室内にいることが多く、長時間直射日光を浴びるといった環境でもなかったようで、根本的な原因は不明。

さらに、この問題がどの程度の範囲のユーザーで発生しているのかは分かっておらず、Appleに報告した場合に対応してくれるのかどうかも不明です。

[via 9To5Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。