Google、「Chrome」の安定版のリリースサイクルを短縮 − 6週ごとから4週ごとに

本日、米Googleが、ウェブブラウザ「Chrome」の安定版のリリースサイクルを変更すると発表しました。

「Chrome」の安定版のリリースサイクルは、これまでは”6週間ごと”となっていましたが、今後は”4週間ごと”に変更され、リリースサイクルが早くなります。

なお、このリリースサイクルの変更は、2021年第3四半期にリリース予定の「Chrome 94」以降で実施される予定。

また、リリースサイクルを短くしたくないユーザー向けの回避策として、リリースサイクルを”8週間ごと”に拡大する”Extended Stable”オプションも提供されますが、これはあくまで法人の管理者やChromium利用者向けのオプションとなっています。

Chromium Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。