著名アナリストによる「iPhone 13」シリーズの最新情報 − ノッチは小型化されるものの、ポートレス化はまだ先か

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 13」シリーズの上位2モデルには120Hzのリフレッシュレートを実現する低温多結晶酸化物(LTPO)の技術を採用した有機ELディスプレイが採用され、全てのモデルでノッチが小型化されると予測していることが分かりました。

「iPhone 13」シリーズは「iPhone 12」シリーズと同じ4モデル構成で、全てのモデルにLightningコネクタとQualcommのモデムチップ「Snapdragon X60」が搭載されるとのことで、同氏は以前に少なくとも1つのハイエンドモデルがポートレス化されると報告していたものの、今年発売されるモデルでポートレス化は行われないと述べています。

また、「iPhone 12 Pro Max」のカメラに採用されているセンサーシフト光学式手ぶれ補正が「iPhone 13」シリーズでは全てのモデルに搭載され、SIMカードスロットのロジックボードへの統合やFace IDの一部部品の薄型化などでスペースを確保し、全てのモデルでバッテリー容量が増える模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。