火災で夫婦が死亡したのは充電中の「iPhone」の発火が原因としてAppleを提訴

朝日新聞東海テレビ時事通信などによると、住宅火災で夫婦が死亡したのは、充電中の「iPhone」から出火したことが原因として遺族がApple Japanに対し、およそ1億4500万円の損害賠償を求める訴えを起こしたことが分かりました。

この火災は2019年に愛知県で発生し、就寝中だった夫婦が煙を吸い込んで気道熱傷で亡くなりました。消防の調べで、充電のために純正の充電器に接続した「iPhone XR」を置いてあったこたつテーブルとその周辺のじゅうたんが特に激しく燃えていたことが判明し、こたつに布団は掛けておらず、コンセントは抜いてあったそうです。

そのことから、他に出火原因が考えられないことから、「iPhone」の充電中に発火したのは明らかと原告側は主張しています。

なお、Appleは提訴前に、原告側に「出火原因ではない」と説明したとのことで、調査した製品評価技術基盤機構(NITE)は「iPhoneが出火原因の可能性が高いが、断定できない」と判断したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。