Microsoft、米国で「Surface Pro 7+」用の交換用SSDを販売開始

Microsoftが先月発売した法人・教育機関向けの「Surface Pro 7+」には交換可能なSSDが搭載されていますが、本日、同社が米国で「Surface Pro 7+」向けの交換用SSDの販売を開始しました。

交換用SSDの販売はまずは米国の顧客向けからですが、「Surface Pro 7+」を販売している国と地域に順次拡大されるとのことから、将来的に日本でも販売されるものと予想されます。

容量は128GB、256GB、512GB、1TBが用意されており、「Surface Pro 7+」のSSDは背面にある蓋を外すことですぐにアクセスおよび取り替えが可能となっています。

なお、日本での発売時期は不明なものの、販売は認定リセラーから行われる予定です。

[via Microsoft

法人・教育機関向けの「Surface Pro 7+」、国内では98,800円からで1月15日より出荷開始へ 新型「Surface Pro」はビジネス・教育向けの「Surface Pro 7+」に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。