「iPhone」への搭載が噂されるリバースワイヤレス充電機能、近い将来に実現する可能性は低いことが明らかに

過去に「iPhone」シリーズの本体の背面で「Apple Watch」や「AirPods」を充電出来るリバースワイヤレス充電機能が搭載されるといった噂が何度か出たものの、未だに実現していないのですが、Bloombergによると、同機能が近い将来に搭載される可能性は低いことが分かりました。

Appleは「Apple Watch」「AirPods」「iPhone」などのモバイルデバイスを相互に充電出来るようにするといった機能について社内で議論しているものの、近い将来に実現する可能性は低いとのことで、同社は2019年に発売した「iPhone 11」シリーズに本体背面で「AirPods」を充電出来る機能を搭載することを計画したものの、最終的にはキャンセルしたようです。

なお、FCC(米連邦通信委員会)に提出された資料から、「iPhone 12」シリーズにはリバースワイヤレス充電機能が隠されていることが明らかになっているものの(下記エントリ参照)、なぜか依然として有効化されないままとなっており、次期「AirPods」などの新製品の発売を待っている可能性があるとも言われています。

「iPhone 12」にはリバースワイヤレス充電機能が隠されている?? − FCC提出資料から明らかに 「iPhone 11」シリーズ、双方向ワイヤレス充電機能の部品を搭載もソフトウェアで制限か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。