Microsoft、永久ライセンス版「Office 2021」を今年後半にリリースへ

本日、Microsoftが、永久ライセンス版の次期「Office」の名称が「Office 2021」になることを正式に発表しました。

これは「Office」のLTSC(Long-Term Servicing Channel)版に関する発表の中で言及されたもので、永久ライセンス版の「Office 2021」が今年後半にリリースされる予定で、価格は現行と同じ設定になる予定です。

なお、新機能については発売日が近づいたら改めて明らかにするとのことで、Windows版とMac版の両方がリリースされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。