Apple、「watchOS 7.2/7.3」の省電力モードで充電出来なくなった「Apple Watch Series 5/SE」を無償修理へ

本日、Appleが「watchOS 7.3.1」をリリースし、一部のApple Watch Series 5およびApple Watch SEで省電力モードに入ると充電されなくなっていた問題が修正されましたが、同社が同問題に遭遇し、充電が出来なくなった「Apple Watch」を無償で修理することを案内しています。

問題は、「watchOS 7.2」または「watchOS 7.3」を搭載した「Apple Watch Series 5」または「Apple Watch SE」で、省電力モードになった後に充電出来なくなるとのことで、報告数はごく少数とのこと。

使用中の「Apple Watch」でこの問題が起きているかどうかを確かめる方法は、普段使っている充電器の上に「Apple Watch」を置いて30分以上待つことだそうで、それでも充電出来ない場合はサポートに問い合わせて欲しいと案内しています。

なお、詳細は下記のサポート文書をご覧下さい。

Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE が省電力モードになり、充電されない場合 – Apple

Apple、「watchOS 7.3.1」をリリース − 「Apple Watch Series 5/SE」で省電力モードで充電出来ない問題を修正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。