「iPhone 13 Pro」は常時点灯ディスプレイを採用?? − MagSafeの磁力が強くなるとの情報も

EverythingAppleProが、XDA DevelopersのMax Weinbach氏からの情報として、「iPhone 13 Pro」シリーズでは常時点灯ディスプレイが採用される可能性があると報告しています。

常時点灯ディスプレイは、「Apple Watch Series 5/6」と同じくディスプレイにLTPO技術を採用することで実現し、ロック画面で時計やバッテリーのアイコンが常時表示されるようになり、新しい通知に関しては従来よりも暗い状態で一時的に表示されるになるとのこと。

また、ディスプレイは最大120Hzのリフレッシュレートに対応することも明らかにしています。

他にも、カメラ性能に関する情報も明らかにされており、星などを自動で認識する天体撮影モードの搭載や、全てのモデルで超広角レンズが改良され、ビデオ撮影時にポートレートモードが利用可能になるようです。

さらに、MagSafeの磁力が強くなる他、本体の厚みが0.26㎜増すとの情報も明らかにされています。

参考 Always-on 'iPhone 13' display could show persistent clock and battery icons<br /> Apple Insider 「iPhone 13 Pro」シリーズのディスプレイ、LTPO技術採用で最大120Hzの可変リフレッシュレートに対応との情報が再び 「iPhone 13」シリーズ、基本的なデザインは変わらないもののリアカメラやノッチ部分に設計の変更がある模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。