LINE Pay、「Visa LINE Payプリペイドカード」のGoogle Payへの対応を開始

本日、LINE Payが、「Visa LINE Payプリペイドカード」で対応できる非接触決済サービスを追加し、「Google Pay」への対応を開始したと発表しました。

ユーザーは、「LINE」アプリ上からバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を発行し、「Google Pay」に登録することで、国内121万箇所以上(2020年9月時点)の「iD」設置店舗に加え、Visaのタッチ決済加盟店にて「Google Pay」対応のAndroid端末をかざすだけでQRコード決済と共通の「LINE Pay」残高での支払いが可能になります。

利用にはAndroid 5.0以降、かつ「iD」を利用する場合は、おサイフケータイのバージョン6.1.5以降が必要です。

なお、各種登録設定方法などの詳細は下記リンク先をご覧下さい。

Google PayをLINE Payで使う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。