2020年に日本で最もダウンロードされたアプリは「COCOA」 − App Annie

モバイル市場データプラットフォームを提供するApp Annie Japanが、2020年のモバイル市場に関する包括的なレポート『モバイル市場年鑑 2021』を公開し、2020年の世界におけるモバイルアプリダウンロード数は、過去最高となる約2,180億件を記録したと発表しています。

消費支出額は約1,430億ドルになり、世界的なパンデミック期における一人あたりの一日の平均モバイル利用時間は4.2時間を超え、2019年の同期間から20%増加しており、2020年はモバイル利用者が急増し、2〜3年の成長を12カ月で達成した年となりました。

また、日本においては、モバイルアプリのダウンロード数が年間約26億件、消費支出額は約200億ドルとなり、一人あたりの一日の平均モバイル利用時間も2019年の3.時間から3.7時間へと増加しています。

2020年各種ランキング

日本市場の各種ランキングですが、まず非ゲームアプリの年間ダウンロード数ランキングは、新型コロナウィルスの接触通知アプリ「COCOA」が1位で、2位には「ZOOM」が、9位に「Uber EATS」がランクインしており、新型コロナウイルス感染拡大を受けた新しい生活様式への移行を色濃く反映したアプリが躍進した結果となりました。

また、ゲームアプリの年間ダウンロード数ランキングは、1位はパズルゲームの「トゥーンブラスト」、2位は「どうぶつの森 ポケットキャンプ」、3位は「ホームスケイプ」となりました。

次に、月間アクティブユーザー数のランキングは、1位は「LINE」、2位は「Twitter」、3位は「Instagram」と、SNSアプリが上位を占める形となりました。

最後に、消費支出別のランキングは、1位は「ピッコマ」、2位は「LINEマンガ」、3位は「LINE」といった結果で、1位と2位はマンガ配信アプリとなりました。

なお、詳しいレポートはこちらのページからメールアドレスなどを登録することで閲覧可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。