UQ mobile、新料金プラン「くりこしプラン」を発表 − 2月1日より提供開始へ

本日、UQ mobileが、新料金プラン「くりこしプラン」を2021年2月1日から提供すると発表しました。

本プランは、複雑な割引条件がないシンプルな料金で、ひとりでもおトクに利用出来ることをコンセプトとしており、ユーザーは「くりこしプランS」(月間データ容量3GB) は月額1,480円、「くりこしプランM」(月間データ容量15GB) は月額2,480円、「くりこしプランL」(月間データ容量25GB) は月額3,480円で、利用用途やライフスタイルに合わせて選択可能になります。

また、余ったデータ容量を無駄なく翌月まで繰り越せることに加え、データ消費ゼロの「節約モード」やユーザーの利用用途に合わせて選択出来る「通話オプション」も引き続き選択可能な他、UQでんきやauスマートパスプレミアムなどライフデザインサービスとも連携しています。

なお、「くりこしプランL」は2021年2月以降に提供開始としていた「スマホプランV」の内容を見直したもので、本プランの提供に合わせ、2021年1月31日で「スマホプランS/R」の新規お申し込みの受付が終了され、すでに加入中のユーザーは、継続して利用可能です。

さらに、UQ mobileは2021年夏に5Gにも対応する予定とのこと。

ニュースリリース
UQ mobile

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。