2020年12月のブラウザやOSのシェア(StatCounter調べ)

毎月恒例のブラウザやOSのシェア情報ですが、Net Applicationsが昨年10月をもってサービスを終了してしまった為、今回からStatCounterが公開しているデータをもとに報告します。

2020年12月の各種市場シェアは下記の通りで、StatCounterでは世界中の200万を超えるサイトに埋め込まれたトラッキングコードから、月間100億を超えるページビューで使用されているブラウザやOSのシェアを解析しています。

ブラウザシェア/デスクトップ

デスクトップのブラウザシェアは、世界ではMicrosoft Edgeのシェアは4位と低いものの、日本では2位とかなり高くなっているのが特徴。

■世界

■日本

ブラウザシェア/モバイル・タブレット

次に、モバイルおよびタブレットのブラウザシェアは、世界ではChromeが1位であるものの、日本ではSafariが1位でiPhone・iPadが人気なのが良く分かる構図となっています。

■世界

■日本

OSシェア/デスクトップ

デスクトップのOSシェアは世界も日本もほぼ変わらずの結果で、Windowsが70〜75%、macOSが15〜17%となっています。

■世界

■日本

OSシェア/モバイル・タブレット

モバイル・タブレットのブラウザシェアと同じく、世界とは真逆の結果となっており、日本ではiOSデバイスが人気であることが良く分かります。

■世界

■日本

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。