「AirPods Max」、長時間の使用でイヤーカップ内に結露が発生したとの報告例

WCCFTechによると、先日発売された「AirPods Max」を使用する一部のユーザーから、長時間使用するとイヤーカップの内側に結露が発生するとの問題が報告されていることが分かりました。

実際に結露が発生した様子を撮影したものが上記画像で、このことを報告するDonald Filimon氏によると、デスク仕事中に「AirPods Max」を長時間使用しているとオンヘッド検知機能が正常に機能していないことから、結露が発生していることに気付いたそうです。

同氏は「AirPods Max」に耐水性がないことから、湿気のないところに保管していたとのことで、結露が乾くとまた正常に動作するようになるとのこと。

同タイプのヘッドホンを長時間装着しているとイヤーカップ内に結露が発生するのは稀にあることで、ユーザー自身の耳付近の汗が原因である可能性もあることから、もし長時間使用する場合は適度にチェックすることをオススメします。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。