Parallels、「Parallels Desktop for Mac」のApple Silicon対応版のテクニカルプレビューを公開

本日、Parallelsが、仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のApple Silicon(M1チップ)対応バージョンのテクニカルプレビュー版である「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip (Apple Silicon)​」を公開しました。

「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip (Apple Silicon)​」では、Windowsを含むARMベースのOSを仮想マシンで実行可能で、同バージョンにインストール可能なWindowsは「Windows 10 on ARM」のみとなっており、「Windows 10 on ARM Insider Preview」がこちらからダウンロード可能です。(Windows Insider Programに要登録)

仮想マシンにIntel x86ベースのOSをインストールすることは出来ない他、仮想マシンをサスペンドしたり、レジュームすることも不可能で、ARM32アプリも仮想マシンで動作しないので注意が必要です。

なお、テクニカルプレビュー版はこちらからサインインしてテストすることが可能です。

Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip (Apple Silicon)​

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。