Google、2020年の「Google 検索ランキング」を発表 − 急上昇ランキング1位は「新型コロナ」

本日、Googleが、2020年の「Google 検索ランキング」を発表しました。

調査対象期間は2020年1月1日から11月22日までで、2020年の急上昇ランキングは、昨年と比較して2020年中にGoogleで検索が急上昇したキーワードで、今年の話題や流行を反映しており、1位は「新型コロナウイルス感染症」でした。

2位には米国の「大統領選挙」、3位には4月7日に発出された「緊急事態宣言」がランクインしており、それ以下の結果は下記の通り。

急上昇ランキング

1,新型コロナウイルス感染症
2,大統領選挙
3,緊急事態宣言
4,鬼滅の刃
5,あつまれ どうぶつの森
6,シャープ マスク
7,台風10号
8,Go To
9,ユニクロ マスク
10,Zoom

○○【とは】

意味を調べる時に使われる【とは】を付けた検索ワードランキングでも、1位の「緊急事態宣言 とは」に続き、「東京アラート とは」、「ロックダウン とは」、「パンデミック とは」、「オーバーシュート とは」等のコロナ関連の言葉が並ぶ結果となりました。

1,緊急事態宣言 とは
2,東京アラート とは
3,コロナウイルス とは
4,ロックダウン とは
5,パンデミック とは
6,国勢調査 とは
7,テレワーク とは
8,ドコモ口座 とは
9,Go To キャンペーン とは
10,オーバーシュート とは

【マスク】

今年の必需品となった【マスク】では、家電メーカーでありながら製造に乗り出したシャープに続き、各種アパレル業、スポーツ用品メーカー名が続く中、 3位に「手作り マスク」がランクインしました。

1,シャープ マスク
2,ユニクロ マスク
3,手作り マスク
4,アイリスオーヤマ マスク
5,ミズノ マスク
6,トリニティ マスク
7,アベノマスク
8,無印 マスク
9,ヨネックス マスク
10,ユニチャーム マスク

なお、他にも”人名”や”映画”、”ドラマ”などでのランキングも公開されており、今年の検索ランキングは下記リンク先で閲覧可能で、日本だけに限らず全世界や各国で絞って結果を見ることも可能です。

Year in Search:検索で振り返る 2020 – Google

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。