「iOS 14.2」にバッテリーの消耗が激しくなる不具合?? − 主に旧モデルで発生

MacRumorsによると、AppleのサポートフォーラムRedditで、「iOS 14.2」へのアップデート後にバッテリーの消耗が激しくなったとの問題が多数報告されていることが分かりました。

報告されているのは、急速なバッテリーの消耗や充電に時間がかかるといったもので、影響を受けているのは初代iPhone SEやiPhone 6S、iPhone 7、iPhone XS、iPad Pro (2018)などの旧モデルとなっており、酷いものではバッテリー残量が30分で満充電から50%以下に減ってしまうといったものや、数分間普通に使用しただけで5%減ってしまったといった例が報告されています。

バッテリー残量がある程度残っていたにも関わらず急激に減少したり、iPhoneを再起動するとバッテリー残量が増えるといった報告例があることから、この問題はソフトウェアに原因があるものとみられています。

もし本当にソフトウェアに問題がある場合は、近い将来にソフトウェアアップデートで修正されるものと予想されます。

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。