M1チップ搭載「Mac mini」の分解画像

先日、AppleがM1チップを搭載したMacを発売しましたが、その中の1つである「Mac mini」の分解画像が公開されました。

分解画像はeGPU.ioのフォーラムで公開されており、本体の開封方法は前モデルである「Mac mini (Late 2018)」と似ているそうです。

ロジックボードは「iPhone 12 mini」の2倍ほどの大きさで、「Mac mini (Late 2018)」のものよりも小型化されており、「Mac mini」の本体自体をもっと小型化することも出来たようです。

また、冷却システムはブロック状のヒートシンクが採用されており、電源は「Mac mini (Late 2018)」から変わらず150Wのものが採用されていることが分かりました。

なお、eGPU.ioのフォーラムには上記以外にも複数の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。

Mac mini – Apple

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。