M1チップ搭載「Mac mini」の分解画像

先日、AppleがM1チップを搭載したMacを発売しましたが、その中の1つである「Mac mini」の分解画像が公開されました。

分解画像はeGPU.ioのフォーラムで公開されており、本体の開封方法は前モデルである「Mac mini (Late 2018)」と似ているそうです。

ロジックボードは「iPhone 12 mini」の2倍ほどの大きさで、「Mac mini (Late 2018)」のものよりも小型化されており、「Mac mini」の本体自体をもっと小型化することも出来たようです。

また、冷却システムはブロック状のヒートシンクが採用されており、電源は「Mac mini (Late 2018)」から変わらず150Wのものが採用されていることが分かりました。

なお、eGPU.ioのフォーラムには上記以外にも複数の画像が掲載されているので、是非ご覧下さい。

Mac mini – Apple