JR西日本、「モバイルICOCA (仮称)」を2023年春に提供開始へ

JR西日本が、ICカード乗車券「ICOCA」をスマートフォンで利用できる「モバイルICOCA(仮称)」を2023年春に開始すると発表しました。

自動改札機や店での支払いにタッチするだけで利用出来る便利さはそのままに、スマートフォンアプリの操作により、駅に行くことなく、定期券の購入やチャージが可能になるとのこと。

また、東海道・山陽新幹線の「スマート EX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」の交通系ICカードとしてモバイルICOCA(仮称)を登録することで、新幹線の予約、支払いから乗車まで、スマートフォン1台で利用出来るようになります。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。