Appleの紛失防止タグ「AirTag」、来月に発売される可能性が浮上

Appleは紛失防止タグ「AirTag」を開発中で、先日にはその発表・発売は2021年3月まで延期されたとの情報がありましたが、「AirTag」は早ければ来月にも発売される可能性が浮上しました。

これは著名リーカーのJon Prosser氏が明らかにしたもので、Appleは「AirPods Studio」が遅れることから「AirTag」を先に発売するようで、「AirTag」は「iOS 14.3」のリリースに合わせて発売される予定で、「iOS 14.3」は11月にリリースされると言われているそうです。

「AirPods Studio」と異なり、「AirTag」は既に完成していて準備が出来ている状態で、生産スケジュールには問題はないとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。