高級レザーを採用した「iPad Pro」向けフォリオ型ケース「NOMAD Rugged Folio for iPad Pro」が登場

本日、アシカンが、ホーウィン社の高級レザーを使用した「iPad Pro」向けケース「NOMAD Rugged Folio for iPad Pro」を発売しました。

「NOMAD Rugged Folio for iPad Pro」は、革製品の高級ブランドが用いる植物タンニンなめしの本革を採用し、使用頻度と共に傷がつく経年劣化ではなく、使うほどに経年変化を味わえるフォリオ型の「iPad Pro」専用ケースとなっています。

また、スリムな外観をキープしたまま「iPad Pro」を保護するTPEバンパーを搭載し、Apple純正や他のフラップケースと異なり、開口部とレザーの間にもTPEをディスプレイより1.2mm高く設計することで、バンパーで破損を防ぐだけでなく、細かい傷や蓋を閉じる時に「iPad Pro」に与える衝撃をも緩和してくれます。

さらに、フラップ開閉には37個もの特殊マグネットを内蔵しており、これにより、何かの拍子で蓋が開いて「iPad Pro」が勝手にウエイクしてバッテリーが減るなどのストレスも解消する設計となっています。

なお、対応モデルは「iPad Pro」の2018年および2020年モデルで、色はブラックとブラウンの2種類が用意されており、11インチ用が16,000円(税別)、12.9インチが19,000円(税別)となっており、Tokyo Macや各セレクトショップで購入可能です。

NOMAD Rugged Folio for iPad Pro – TokyoMac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。