Google、新型スマートスピーカー「Google Nest Audio」を発表 − 10月15日発売で本日より予約受付開始

本日、Googleが、 Google アシスタントを搭載した音楽好きのために作られたスマートスピーカー「Google Nest Audio」を発表しました。

「Google Nest Audio」は、一貫した高周波カバレッジとクリアなボーカルを再生する19mmツイーターと、低音を再現する75mmミッドウーファーが搭載されており、「Google Home」より75%音量が大きく、低音が50%強くなっています。

また、Media EQ機能により、音楽、ポッドキャスト、オーディオブック、Google アシスタントからの応答の再生など、聴いているものに応じて自動的にイコライザーが調整される他、Ambient IQにより、室内の環境音に基づいて Google アシスタント、ニュース、ポッドキャスト、オーディオブックの音量を調整するため、例えば食洗機が動いていても天気予報を聴き取ることが可能です。

Google Home、Google Nest Mini、Google Nest Hubなどを持っている場合は、「Google Nest Audio」を簡単にホームサウンドシステムの中心に据えることができ、2台の「Google Nest Audio」をステレオペアとして接続して、左右のチャンネルを分離したり、Google Nestデバイスをグループ化することで、すべてのデバイスから同じ曲を再生することも可能となっています。

なお、カラーはChalkとCharcoalの2色展開で価格は11,550円(税込)となっており、本日より予約受付が開始され、10月15日より発売されます。

Google ストアでは、10月15日までに予約、購入すると10%分のストアクレジットが貰える他、2つ同時購入すると2,500円オフになるキャンペーンが実施されています。

Google ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。