Microsoft、永久ライセンス版「Office」の新バージョンを2021年後半にWindowsとMac向けにリリースへ

本日、Microsoftが、永久ライセンス版の新しい「Office」を2021年下半期にリリースする予定であることを発表しました。

同社はこの新しいバージョンがWindowsとMacで利用可能になると述べ、製品名は明らかにしていないのですが、これまで通りであれば「Office 2022」になるものとみられています。

また他にも、「Exchange Server」「SharePoint Server」「Skype for Business Server」「Project Server」の次期バージョンも2021年後半にリリースすることを発表しています。

[via Neowin