Microsoftの定額ゲームサービス「Xbox Game Pass」、ユーザー数が1,500万人を突破

本日、Microsoftが、同社のゲームサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」の加入ユーザー数が1,500万人を突破したことを発表しました。

これは同社がベセスダソフトワークスやid Software、Arkane Srudiosの親会社であるZeniMax Mediaの買収発表と同時に発表されたもので、「Xbox Game Pass」は2017年6月に米国などでサービスが開始され、日本でも今年4月より提供が開始されており、今年4月末の時点でのユーザー数は1,000万人だったことから約5ヶ月で500万人増加しています。

このホリデーシーズンにはエレクトロニックアーツ(EA)の定額ゲームメンバーシップである「EA Play」も組み込まれる予定で、追加費用なしでEAの人気タイトルなどがプレイ可能になる予定です。

また、現在は初月の利用料が100円になるキャンペーンも実施されているので、気になる方は是非どうぞ。

Xbox Game Pass – Microsoft
ニュースリリース(英語)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。