au、「Apple Watch」のファミリー共有設定に対応した「ウォッチナンバー」を月額350円から利用できるキャンペーンを実施へ

本日、KDDIが、「Apple Watch」単体で音声通話やデータ通信が可能となる「ウォッチナンバー」を月額350円からお得に利用できる「ナンバーシェアからの移行キャンペーン」を2020年9月17日から実施すると発表しました。

「ウォッチナンバー」ではiPhoneとApple Watchで別々の電話番号を持つことができるため、連絡先の制限や利用時間の設定など、子供向けの機能が充実したApple Watchを子供の見守りデバイスとして利用可能です。

また、保護者のiPhoneと子供のApple Watchをファミリーアカウントでペアリングすることで、位置情報の取得やアプリの購入管理なども可能となっています。

「ウォッチナンバー」は、単独で音声通話やデータ通信が可能なApple Watchに適用できる同社のスマートフォン料金で最も安価な「ピタットプラン 4G LTE」で利用可能で、本キャンペーンは「ナンバーシェア」を利用中のユーザーが「ピタットプラン 4G LTE」に移行した場合に、月額料金を12カ月間、1,630円割り引くものとなっており、これにより「ウォッチナンバー」を月額350円から利用可能です。

なお、iPhoneと同じ電話番号で通話やデータ通信が可能な「ナンバーシェア」も引き続き提供されます。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。