「macOS Big Sur」のベータ版からMacにFace IDが搭載される事を示す証拠が見つかる

9To5Macによると、先日に開発者にリリースされた「macOS Big Sur beta 3」からMacにFaceIDが搭載されることが予想出来る証拠が見つかったことが分かりました。

「macOS Big Sur beta 3」のシステムファイル内から、AppleがTrueDepthカメラとFaceIDに使用している内部コードネーム「PearlCamera」をサポートした拡張機能が見つかったそうで、この拡張機能内で見つかった”FaceDetect”や”BioCapture”といったコードはiOSで使用されているコードと似ており、MacにFaceIDを搭載させる準備を進めているとみられています。

実際にいつ発売されるモデルから搭載されるのかは不明ですが、実装はまだ初期段階の為、Face IDを搭載したMacの登場にはまだもう少し時間が掛かるものとみられています。

また、iPhoneやiPadのFace IDでは、深度マップと赤外線イメージを数学的モデルに変換し、そのモデルを登録済みの顔のデータと照合するために「A」シリーズプロセッサのニューラルエンジンが利用されていて、このニューラルエンジンがApple Siliconへの移行と共にMacにも搭載されることが確認されており、Face IDを搭載したMacの登場は早くてもApple Siliconへの移行後になる可能性があります。