次期「iPad Pro 12.9インチ」、ミニLEDディスプレイや5G対応が特徴で来年初頭に発売か

中国のMyDriverが、来年初頭に発売される次期「iPad Pro」はミニLEDディスプレイと5G対応が特徴になると報じています。

既に新型「iPad Pro 12.9インチ」の試作が開始されており、サブ6GHz帯とミリ波(mmWave)に対応したQualcommのモデム「Snapdragon X55」や5nmプロセスを採用した「A14X」チップを搭載する模様。

Appleは1万個のLEDを使ったミニLEDディスプレイを検討しており、各LEDのサイズは200µm以下になるとのことで、ミニLEDディスプレイを採用することで、コントラスト比や輝度の向上、薄型化などが期待出来ます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。