「Fitbit Pay」が日本でも利用可能に − 「Sony Bank WALLET」と連携

Fitbitとソニー銀行とビザ・ワールドワイド・ジャパンが、Fitbitが提供する「Fitbit Pay」の日本初のパートナーとして、ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」が対応を開始することを発表しました。

「Fitbit Pay」は対応するFitbitのスマートウォッチやトラッカーを端末にタッチするだけで決済が可能なサービスで、財布や携帯電話を取り出すことなく、安全かつ迅速な非接触決済を行うことが可能です。

日本では「Fitbit Pay」にVisaデビット付きカードを登録することにより、Visaのタッチ決済対応店舗での支払いが可能になり、「Fitbit Pay」はVisaトークンサービスを通じて行われるため、ユーザーのカード情報を加盟店やFitbitと共有せず安心・安全な決済を行うことが可能です。

また、さらなるセキュリティとして、ユーザーは手首にデバイスを装着するときにPINの入力を要求するようにFitbitデバイスをセットアップする必要があります。

なお、「Fitbit Pay」の対応機種は、4月に発表したGPS内蔵の最先端ヘルス&フィットネストラッカー「Fitbit Charge 4」をはじめ、「Fitbit Ionic」、「Fitbit Versa」シリーズ、「Fitbit Charge 3」などとなっています。

Fitbit 公式サイト
ニュースリリース