Microsoftの「OneDrive」、今夏にようやく「Live Photos」に対応へ

MSPUによると、Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」が、今夏にようやくiOSの「Live Photos」をサポートする予定であることが分かりました。

「Live Photos」は、撮影した前後1.5秒ずつ合計3秒間の映像と音声を記録する機能で、2015年に導入されました。

現在、「Live Photos」を「OneDrive」にアップロードすると、静止画として保存されるようになっており、以前よりユーザーからサポートして欲しいとのが多数寄せられており、ようやくサポートすることに決まったようです。

なお、Microsoftの開発チームは「Live Photos」のサポートに向けて取り組んでおり、今夏には正式に対応する予定とのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。