新型「Chromecast Ultra」はまもなく発売か − 台湾の認証機関を通過

先月、Googleが年内に新型「Chromecast Ultra」を発売する予定のようだとお伝えしましたが、近いうちに新型「Chromecast Ultra」が発売されるかもしれないことが分かりました。

[リモコンの側面図]

新型「Chromecast Ultra」用のリモコンとみられるデバイスが3月の時点でFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過していましたが、今度は新型「Chromecast Ultra」とみられるドングルとリモコンが台湾の認証機関である国家通信放送委員会(NCC)の認証も通過したことが分かりました。

ドングル本体の型番は「GPJ110」で、リモコンの型番は「GPJ100」となっており、NCCが公開した資料からはそれ以上の詳細は不明となっています。

これまでの情報では、新型「Chromecast Ultra」はAndroid TVがベースで、4K HDRコンテンツをサポートしている他、リモコンが付属し、リモコンにはマイクとGoogle アシスタントの起動ボタンが搭載されていて音声での操作が可能になると言われています。

また、外観デザインは「Chromecast(第3世代)」に似ており、丸みがあるデザインで、「G」ロゴとHDMIコネクタを備えているとも言われています。

なお、FCCやNCCの認証を通過していることから、そう遠くないうちに発表・発売されるものと予想されます。

[via MySmartPrice]

Google、年内に新型「Chromecast Ultra」を発売か - Android TVベースに