Microsoft、「Microsoft Flight Simulator」のシステム要件を発表

本日、Microsoftが、年内にリリース予定のフライトシミュレータシリーズの最新作「Microsoft Flight Simulator」のシステム要件を発表しました。

「Microsoft Flight Simulator」のシステム要件は下記画像の通りで、最低必要スペックはCPUはAMD Ryden 3 1200/Intel Core i5-4460、GPUはAMD Redeon RX 570/Nvidia GTX 770、VRAMは2GB、RAMは8GB、ストレージ容量は150GB、帯域幅は5Mbpsとなっており、帯域幅の要件があるのはBing Mapsを介してマップデータをストリーミングし、より正確で没入感のある体験を再現するためとなっています。

他にも、推奨環境と理想環境の2通りも掲載されているので、是非ご覧下さい。

[クリック/タップにて拡大出来ます]

なお、同ゲームは現在はInsider Programでアルファテスト中で、XboxとPC向けに年内にリリース予定です。

ニュースリリース(英語)
公式ページ(日本語)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。