米Google、「Apple Card」対抗でデビットカードと管理アプリを準備中か

TechCrunchが、信頼できる情報筋の話として、米Googleが、Appleの「Apple Card」に対抗するべく、物理的および仮想のデビットカードを開発していることが分かったと報じています。

カードは「Google Pay」と連動し、ユーザーは「Google Pay」アプリで管理でき、物理カードも用意され、カードの表面には「Apple Card」と同じようにカード番号の刻印はなく、ユーザー名と銀行名、コードのような画像が印刷されているのが特徴です。

「Google Pay」アプリでは、カードの利用履歴や紛失した際の停止操作などが可能になる模様。

なお、現時点で、提携する銀行にはCitigroupとStanford Federal Credit Unionの名前が挙がっており、Visa以外にMastercardなどとも提携する可能性もあるとのこと。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。