修理時の交換用「AirPods」に未リリースのファームウェア搭載との報告例有り − 片耳のみ交換の場合は注意が必要

iMoreによると、Appleが修理時の交換用として未リリースのファームウェアを搭載した「AirPods」を出荷していることが分かりました。

「AirPods」が壊れるなどしてAppleで修理サービスを申し込んだ際に、交換用として送られてくる「AirPods」の本体には未リリースのファームウェア「2D3」が搭載されていることがあるそうです。

「AirPods」シリーズは両耳で同じファームウェアを実行している必要があることから、もし片耳だけ交換して貰って「2D3」搭載モデルとなってしまった場合、現時点では「2D3」はまだリリースされていないため、ユーザーは両耳のファームウェアを合わせることが出来なくなり、「AirPods」自体が利用出来なくなってしまうといった問題が一部で報告されている模様。

この問題は主に「AirPods (第2世代)」で発生しているようで、「2D3」のファームウェアがインストールされた「AirPods Pro」も一部で報告されています。

Appleからはファームウェア「2D3」が正式にリリースされるまで待つ必要があると言われたと報告しているユーザーもいるようですが、「2D3」がいつリリースされるのかは誰にも分からない状況となっています。

なお、ファームウェア「2D3」は過去2週間以内に交換用の「AirPods」に搭載され始めたようで、もし「AirPods」を修理に出す場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。