Intel、ハイエンドモバイルPC向け第10世代Coreプロセッサ「Comet Lake-H」を発表

米Intelが、ハイエンドモバイルPC向けの第10世代Coreプロセッサ「Comet Lake」のHシリーズを正式に発表しました。

「Comet Lake-H」は、モバイルCPUとしては初めて「Turbo Boost Max Technology 3.0」に対応しており、最大動作周波数は5GHz超えの5.3GHzで、RAMは「DDR4-2933(PC4-23400)」規格のものを最大2系統(デュアルチャネル)で128GBまで搭載でき、PCI Expressのレーン数は最大40となっています。

最上位モデルとなる「Core i9-10980HK」は、デスクトップ級の性能と謳っており、3年前のモデルではあるものの、「Core i7-7820HK」と比較して、主要ゲームにおけるフレームレートは最大54%、全体のパフォーマンスは最大44%、4K(3840×2160ピクセル)ビデオのレンダリングとエクスポートは最大2倍速で行えるとのこと。

なお、今後、100を超える搭載PCがリリースされる予定で、Macでは「MacBook Pro 16インチ」に採用されている為、「WWDC 2020」あたりで同プロセッサを搭載した新型「MacBook Pro 16インチ」が発表されるかもしれません。

ニュースリリース(英語)

[via ITmedia

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。