IIJmio、eSIMの正式サービス「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を3月19日より提供開始へ

本日、IIJが、個人向けeSIMサービスの正式版「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を3月19日より提供すると発表しました。

eSIMは、スマートフォンなどの端末に、物理的なSIMカードを抜き差しせずに、通信サービスの利用に必要な加入者情報(プロファイル)を遠隔で書き込める組み込み型のSIMとなっており、ユーザーは従来のようにSIMカードを挿入することなく、eSIMを搭載したスマートフォンやタブレット等にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽にデータ通信を開始したり、通信キャリアを切り替えることが可能なのが特徴です。

同社では正式サービスを前に昨年7月よりベータサービスを提供してきましたが、ベータ版に対してのユーザーからの要望を踏まえ、より使いやすいサービスに改善し、正式サービスとして提供するに至ったそうです。

価格は、初期費用が3,000円、月額利用料が150円で、1GB当たりのチャージ料金は、初回(1GB)が300円、2回目以降(2GB~10GB)が450円(全て税別)となっており、データ容量を使い切った場合は通信が止まるため、継続利用する場合はデータ容量の追加購入が必要となっており、大手携帯キャリアの段階制プランを契約しているユーザーの“2回線目”としての利用などを想定しています。

また、動作確認済みの端末は下記の通り。

・iPhone 11
・iPhone 11 Pro/11 Pro MAX
・iPhone XS/XS Max
・iPhone XR
・Google Pixel 4/4 XL
・iPad(第7世代)
・iPad mini(第5世代)
・iPad Air(第3世代)
・11インチiPad Pro
・12.9インチiPad Pro(第3世代)
・Surface Pro LTE Advanced
・Surface Pro X
・ASUS TransBook Mini T103HAF-LTE
・ASUS TransBook Mini T103HAF-GR079LTE

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

IIJmio
ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。