「iOS 14」のコードから「iPhone 9」と「iPhone 9 Plus」の証拠が見つかる

本日、9To5Macが、「iOS 14」のコードから「iPhone 9」と「iPhone 9 Plus」が準備されている証拠を見つけたと報じています。

「iPhone 9」は「iPhone 8」の後継モデルとして、4.7インチの液晶ディスプレイやTouch IDを搭載したモデルになると言われていますが、Appleはより大きなモデルである「iPhone 9 Plus」も用意しており、ディスプレイサイズは不明なものの、「iPhone 8 Plus」の後継モデルであることから5.5インチになると予想され、両モデルともA13 Bionicチップを搭載するとのこと。

また、ホームボタンはソリッドステート式で、Tapticエンジンを利用してボタンを押した感覚を再現する仕様となっています。

さらに、Express Transit機能が利用可能な他、NFCタグのスキャンにも対応しているそうです。

なお、「iPhone 9」および「iPhone 9 Plus」の詳細な発売時期は不明ですが、今春に発売されるものとみられています。