Apple、「iPad Air (第3世代)」の画面が真っ黒になってしまう問題で無償修理を行う修理プログラムを発表

本日、Appleが、「iPad Air (第3世代)」のディスプレイが真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明したとして、対象のデバイスを無性で修理する「iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム」を発表しました。

この問題が確認されているのは、2019年3月〜10月に製造された「iPad Air (第3世代)」で、ディスプレイが真っ黒になる前に画面が一瞬ちらついたり光ったりすることもあるとのことで、本プログラムの対象となる「iPad Air (第3世代)」については、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにて無償修理して貰えます。

なお、詳細は下記リンク先をご覧下さい。

iPad Air (第 3 世代) の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理プログラム