Apple直営店、新型コロナの影響で修理時の交換用「iPhone」が在庫不足に

Bloombergによると、新型コロナウィルスの影響により、修理時の交換用「iPhone」の在庫にも影響が出始めてきていることが分かりました。

Appleでは修理が不可能な損傷の激しい「iPhone」が修理に持ち込まれた場合、新品の「iPhone」と交換で対応することがありますが、新型コロナウィルスにより、その交換用の「iPhone」の供給にも影響が出ているようで、Appleは直営店のテクニカルサポートスタッフに対し、交換用の「iPhone」が2~4週間供給出来なくなることを通知しているようです。

また、一部の店舗では修理用の部品も不足し始めている模様。

どこまで影響が出ているのかは不明ですが、最悪の場合、修理を待たなければいけなくなる為、落としたりしないよう注意するしかなさそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。