Apple、5G対応の新型「iPhone」に自社設計のアンテナモジュールを採用か

Fast Companyが、Appleは5G対応の新型「iPhone」で使用するアンテナモジュールについて、自社設計を採用するようだと報じています。

5G対応の新型「iPhone」ではQualcommの5G対応モデムチップが採用されるものの、アンテナモジュールはAppleが求める洗練された工業デザインに適合しない為、Appleの自社開発となる模様。

ただ、Appleはバックアップ案としてQualcommのモデムチップとアンテナモジュールの両方を使用する別の設計にも取り組んでおり、Qualcommの両部品を採用した場合、「iPhone」の厚みが少し厚くなるようです。

Appleは設計上の理由とQualcommの部品を出来るだけ少なくしたいとの意向から独自開発のアンテナを採用したいと考えているようですが、Appleが独自開発を行っているmmWave(ミリ波)ネットワーク向けの5Gアンテナは他のアンテナを開発するよりも難しく、さらに新型「iPhone」に搭載されるフェーズドアレイアンテナはアンテナを動かさずにビームを様々な方向に電子的に誘導出来るのが特徴ではあるものの、モデムチップとアンテナモジュールの密接な連携が必要で、両部品が別々の会社の設計となると不確実性が生じ、設計全体の難易度が上がったり、5Gのパフォーマンスに影響が出る可能性がある模様。

なお、以前よりAppleはモデムチップの独自開発も行っていると噂されていますが、こちらについてはまだ準備が出来ていない状況で、モデムチップがQualcomm製から自社製に置き換えられるのはもう少し先になるようで、2020年に発売される新型「iPhone」にはQualcommのX55 5Gモデムチップが搭載される予定です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。