「Nintendo Switch」、新型コロナウイルスの影響で生産と出荷に遅れ

本日、任天堂が、現在発生している新型コロナウイルス感染症の影響により、日本国内市場向けとして中国で生産している「Nintendo Switch」の本体およびJoy-Conなどの周辺機器等の出荷が遅れることを案内しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、生産および出荷の遅延が避けられない見通しとなり、「Nintendo Switch」の本体およびJoy-Conなどの周辺機器等だけでなく、現在品薄状態にある『リングフィット アドベンチャー』も出荷が遅延する見込みとのこと。

また、「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」の出荷へも影響が避けられない見通しとなり、同製品およびキャリングケースの予約開始日を2月8日から未定へと延期することも発表しています。

なお、発売日については現在のところ変更はなく、「あつまれ どうぶつの森」のパッケージソフトとダウンロードソフトの予約開始日についても2月8日から変更ないとのこと。

ニュースリリース(1)/(2)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。