「Google Pixel 4」、Motion Sense機能と新しい「Google アシスタント」が日本でも利用可能に

本日、Googleが、「Google Pixel 4」で、スマートフォン本体に触れることなくジェスチャーだけで操作ができる「Motion Sense」機能と、日々のタスク処理がより素早くなる新しい「Google アシスタント」が使えるようになったことを案内しています。

「Motion Sense」機能は、端末の周囲の動きを検知する小型のレーダー技術「Soli」を活用した機能で、端末に向かってユーザーの手が近づくのを検知して画面をアクティブにしたり、端末から離れた際に画面をオフにしたりすることができるようになる他、端末に触れることなく手のジェスチャーだけで、音楽の曲送り、アラームのスヌーズ、電話の着信音をサイレントにすることが可能です。

また、顔認証によるロック解除がより素早くなるとのことで、端末に手を伸ばすと、顔認証解除センサーが端末を持ち上げる前からオンになり、スマートフォンのロック解除が必要なことを検知し、そして、顔認証のセンサーとアルゴリズムが所有者を認識すると、端末を持ち上げるのとほぼ同時にロックが解除されるそうです。

次に、新しい「Google アシスタント」は、「Google Pixel 4」のOSおよびアプリとこれまで以上に密接に統合され、モバイルアプリやウェブサイトの立ち上げ、端末の設定操作などがより高速になり、アラームの設定、YouTubeやカレンダーなどの様々なアプリの起動、音量の設定やWi-Fiのオンオフなどの設定操作などを、音声でより素早くこなせるようになります。

なお、これらの新機能は本日より順次提供開始となっている為、まだ利用出来ない方は少し時間を置くと良いかもしれません。

ニュースリリース – Google

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。