「iPhone 12」シリーズは「iPad Pro」のようなデザインに??

本日、Macお宝鑑定団Blogが、2020年9月に発売されるであろう次期「iPhone」こと「iPhone 12」シリーズは、「iPad Pro」のように本体側面が平らで角張ったデザインになるかもしれないと報じています。

これは「iPhone 12」シリーズの5.3インチと5.9インチモデルの3Dプリントモックアップが同様の形状であることからの予測で、噂されている「iPhone 12」のディスプレイサイズは5.4インチと6.1インチの為、僅かにサイズが異なっていることから信憑性は不明とのこと。

Macお宝鑑定団Blogでは、「iPhone 12」シリーズの5.3インチ、5.9インチ、6.4インチの各モデルのモックアップの比較も行われており、本体の厚みは全てのモデルがほぼ同じの7.4㎜前後で「iPhone 8」に近い厚さとなっていて、リアカメラは5.3インチと5.9インチは2眼カメラ、6.4インチが3眼カメラとなっているようです。

また、5.3インチモデルの高さは131㎜で、「iPhone 8」(138㎜)と「iPhone SE」(123.8㎜)の中間くらいのサイズになり、横幅は64㎜で、こちらも「iPhone 8」(67.3㎜)と「iPhone SE」(58.6㎜)の中間くらいのサイズになる模様。

なお、Macお宝鑑定団Blogでは他にも5.9インチモデルのモックアップのサイズ感なども記載されているので、是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。