フォーカルポイント、2つのワイヤレスイヤホンを同時利用可能なBluetoothトランスミッターのUSB-C版「Twelve South AirFly USB-C」を発売

フォーカルポイントが、USB-C端子を持つMac、iPad Pro、PCなどで、2つのBluetoothヘッドホンを利用可能にするBluetoothトランスミッター「Twelve South AirFly USB-C」を発売しました。

「Twelve South AirFly USB-C」は、USB-C端子を持つMac、iPad Pro、PCなどで、ワイヤレスイヤホンを2つ同時に利用可能にするBluetoothトランスミッターで、音楽や映画、ゲームなどをワイヤレスイヤホンで2人同時に楽しむことが可能で、従来のAirFlyと比較してバッテリー性能が向上し、最大20時間の使用に対応しています。

AirPodsやBeatsXなどはもちろん、Bluetooth対応のすべてのワイヤレスヘッドホン、ワイヤレスイヤホンで使用でき、充電しながらでも利用可能です。

なお、コーデックは音質の高いaptXに加え、遅延が非常に少ないaptX-LL(aptX Low Latency)もサポートしており、価格は7,678円(税込)となります。

Twelve South AirFly USB-C – Amazon
Twelve South AirFly USB-C – 楽天市場

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。