Microsoft、「Surface Pro X」を国内でも販売開始

本日、日本マイクロソフトが、ARMアーキテクチャを採用し、超高速ギガビットLTE機能による常時接続性 (Always Connected) を実現した「Surface Pro X」および対応アクセサリを発売しました。

「Surface Pro X」は、これからのデバイスの未来を定義する完全に新しい2 in 1デバイスで、ARMアーキテクチャを基盤とするMicrosoft SQ1 SoCを採用することで省電力性と高いパフォーマンス、超高速ギガビット LTE 通信機能をバランスよく搭載し、Surface史上最薄となる7.3㎜の薄型と、エッジトゥエッジの13インチの大きな画面を搭載しているのが特徴。

「Surface Pro X」の価格は129,800円(税別)からとなっており、一般向けモデルには「Windows 10 Home」と「Office Home & Business 2019」がプレインストールされています。

【主な仕様】
・ディスプレイ:13インチ PixelSense ディスプレイ(2880×1920)
・プロセッサ:Microsoft SQ1
・GPU:Microsoft SQ1 Adreno 685 GPU
・RAM:8GB/16GB LPDDR4x
・ストレージ:128GB/256GB/512GB SSD
・OS:Windows 10 Home
・バッテリー駆動時間:最大13時間
・無線:Wi-Fi 5 / Bluetooth 5.0
・モバイル通信:LTE Advanced Pro(nanoSIM/eSIM)
・本体サイズ:287x208x7.3mm
・重さ:774g
・カラー:マットブラック
・その他:Office Home & Business 2019

また、バックライト付きキーと大型のマルチタッチガラストラックパッドを搭載し、「Surface スリムペン」を格納出来る「Surface Pro X Signature キーボード」(29,600円)などのアクセサリも同時に発売されました。

なお、購入はMicrosoft StoreAmazonの他、家電量販店から可能です。

Microsoft Store
Surface Pro X – Amazon

スポンサーリンク