「Google Chrome」、「Windows 7」のサポートは少なくとも2021年7月15日まで継続

米国時間の1月14日に「Windows 7」のサポートは終了となりますが、Googleのウェブブラウザ「Chrome」は少なくとも2021年7月15日まで「Windows 7」のサポートを継続することが分かりました。

これはGoogleが「Windows 7」のサポートの終了後も同OSを使い続けざるを得ない企業向けのサポート体制を発表し、明らかになったもので、Microsoftのサポート終了日から少なくとも2021年7月15日までの18ヶ月間はサポートを継続するそうです。

セーフブラウジングやサイトの分離、新しい高度なパスワードとフィッシング保護といった「Google Chrome」の組み込みセキュリティ機能を引き続き提供するとのこと。

スポンサーリンク