「Google Chrome」、「Windows 7」のサポートは少なくとも2021年7月15日まで継続

米国時間の1月14日に「Windows 7」のサポートは終了となりますが、Googleのウェブブラウザ「Chrome」は少なくとも2021年7月15日まで「Windows 7」のサポートを継続することが分かりました。

これはGoogleが「Windows 7」のサポートの終了後も同OSを使い続けざるを得ない企業向けのサポート体制を発表し、明らかになったもので、Microsoftのサポート終了日から少なくとも2021年7月15日までの18ヶ月間はサポートを継続するそうです。

セーフブラウジングやサイトの分離、新しい高度なパスワードとフィッシング保護といった「Google Chrome」の組み込みセキュリティ機能を引き続き提供するとのこと。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。