「iPhone SE」の後継モデルの発売により台湾系サプライヤー2社が恩恵を受ける模様

台湾の経済日報が、来春に発売が噂されている「iPhone SE」の後継モデルにより、台湾の2つのAppleサプライヤーが恩恵を受けるだろうと報じています。

そのサプライヤーとは、レンズメーカーで「iPhone 11」シリーズ向けにも光学レンズを供給している台湾の玉晶光と、Foxconnグループのケースメーカーである鴻準精密の2社で、両社は「iPhone SE」の後継モデルの発売により最大の恩恵を受けると予想されています。

なお、「iPhone SE」の後継モデルについては、4.7インチの液晶ディスプレイを搭載し、2020年前半に発売されるとみられており、これまでの情報をまとめると「iPhone 8」のアップデート版のようなモデルになる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。