「Google アシスタント」、「Pixel 3」でも「Pixel 4」版のようなコンパクトなUIを導入へ

「Google Pixel 4」では「Google アシスタント」も新しくなりましたが(日本では2020年春から提供予定)、その新しい「Google アシスタント」のユーザーインターフェイスが「Pixel 3」にも導入される予定であることが分かりました。

「Pixel 4」の「Google アシスタント」は画面全体を覆わないユーザーインターフェイスが特徴ですが、「Pixel 3」でも「Google アシスタント」の最新ベータ版を利用する一部のユーザーで、「Pixel 4」版と同じようなコンパクトなユーザーインターフェイスが利用可能となっており、簡単な質問だと画面の3分の1程度、天気でも3分の2までの高さしか覆わないデザインになります。

ただ、現時点でまだA/Bテストが行われている段階で、最新ベータ版を利用している場合でも新UIが利用可能なユーザーは限られている模様。

なお、「Pixel 4」では「Google アシスタント」はハードウェアにより密接に統合されており、さらに高速化され、マルチタスク処理もパワフルになっていますが、「Pixel 3」シリーズではあくまで上記のユーザーインターフェイスの変更のみが採用されるものと考えられます。

[via 9to5Google

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。